読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
slappin' beatsの補助的なblogです。
音ゲー評論系中心ですが他の内容も取り扱う予定です。
旧blog→http://d.hatena.ne.jp/har-k/

チュウニズムの「エアープレーマット」の発想は半年前からあった

 どうもこんにちは。

 トラタワでチュウニズムがまた出来るようになってホッとしているはるくです。

 

 さて、今日は割とどうでもいい話です。

 

【イベント出展情報】ミュージアムvol.3開催決定!さらに、コミケ「セガブース」にて新作グッズ販売決定!info-chunithm.sega.jp | CHUNITHM AIR (チュウニズム エアー)|セガ新音ゲー

 

 という訳でいつものセガコミケ情報ですが、一番下の

f:id:har-k:20161219042156p:plain

これ。

発表の時は結構話題になったようで、

「さすがセガ、その発想はなかった」という人が多いとは思いますが…。

 

実は…

f:id:har-k:20161219042346j:plain

 

 私も5月頃、全く同じものを思い付いてました。

 セガ公式の思考の半年先を行ったぜ!!!!

f:id:har-k:20161219042719p:plainf:id:har-k:20161219042923p:plain

↑がVISIOで作った仮制作のもの。実寸で作るため採寸もしました。

 ※青線がプレイマットの標準サイズです。

 

 

 

 7月のJunction Boxで頒布しようかとアレコレしてましたが、デザイン上私が作るのは難しいので協力者が必要なことや、意匠的に許されるのかという課題が。

 マット制作は高価(小ロットだと3000~5000円)なので金銭的に厳しかったこともあり、しばらく保留という形にしておりました。

 

 その後、「チュウニズムAIR」が発表になり、「ぴったりじゃん!!」と思ったりもしましたが。

 周りの人に相談したり、テスト用に夏コミとかに仮印刷した紙を持参したりして、色々あって何も進展のないまま最初の思いつきから半年以上経ち今に至ります。

 

 

 私が評論系同人誌ではないグッズを作る時のコンセプトとしては、

「公式が絶対作りそうにないものを(自分が欲しいから)作る」です。

譜面のランダムガチャトレカとか、

DDRのイベントボス曲のソフラン部分の暗記用タオルとか、

普通の企業ではまず作りませんよね。だから作るわけです*1

 

 なのでセガ公式が作ってくれるのは大歓迎です。品質も保証出来ますし。コミケには1日目にサークル参加しますので、当日になんとかして手に入れたいなあと思いますが、なかなか厳しそうですね。

 

 

 さて、このアイデアを他人に話したのは、先程のDMの相手を含め数人程度です。

 ネットでの交流では他人の職を伺い知ることは少ないですが、正直言うとこのニュースを知った時、もしかして…という気持ちが湧きました。

 

 が、これ以上考えるのは止めておきます。

 みんな仲良くやりましょうね。

 

*1:裏を返すと、公式が作りそうなものを二次創作絵ではなくて模倣という形でグッズ化するのは、先日の海賊版グッズ同様危険性が高いと思っています。